分譲マンションの管理|不動産投資信託で人生を成功させる|新しいシステム
レディ

不動産投資信託で人生を成功させる|新しいシステム

分譲マンションの管理

アパート

管理会社の役割

分譲マンションを手に入れた後、その管理維持にはある程度の手間がかかります。居住しているうちにメンテナンスが必要になってきたり、集合住宅であるが故の近隣住民とのトラブルなど住民だけの力では解決できない問題が次々と起こります。そのため、ある程度の規模の集合住宅ではマンション管理会社に依頼して様々な事務手続きや業務を代行してもらうケースがほとんどです。マンション管理会社の主な業務は大規模修繕に向けた管理費や修繕積立金の管理で、それらの費用を住民から徴収し、管理、支払いまで行います。予算案や収支報告の作成はもちろん、修繕に必要な予算を計算し過不足の無いよう計画的に積み立ててゆくことも重要な業務です。

管理会社の選び方

修繕に関する業務に加えマンション管理会社は日常的な清掃作業や簡単なメンテナンスも行っていますし、住民同士のトラブルの解決など第三者として仲裁をするケースもあります。マンション管理会社を選ぶ際にはデベロッパー系か独立系の会社のうちそれぞれのマンションに適した会社にする必要があります。財務や経営が安定しておりスケールメリットのあるデベロッパー系は、マンションの建物構造自体にも情報があり、メンテナンスなど技術的な作業には強みがあります。一報独立系の会社は、マンション販売会社とのしがらみが少ないため、住民側に立った管理をすることも多く、清掃や雑多なトラブルの解決などきめ細かいサービスが期待できるのが特長です。